当院は閉院しました。
今までたくさんのご来院どうもありがとうございました。
ゆうが整骨院ヘッダー
当院は閉院しました。
今までたくさんのご来院どうもありがとうございました。
ゆうが整骨院スマホヘッダー

HOME | 自律神経症状

自律神経失調症とはどんな症状? 

自律神経失調症 症状

普段の日常生活で、具体的な原因はなにかわからないけれどなんとなく体の調子が悪い状態が慢性的に続くような症状が自律神経失調症の症状です。
 
自覚症状があってもそれを体質だと思い込み見過ごしてしまっているような症状がたくさんあります。
 

  • 下痢や便秘、または胃の調子が悪いと感じる
下痢 便秘 胃の不調

最近おなかの調子が良くないなと感じている方は自律神経失調症である可能性があります。
 
「もともと胃腸が弱い」や「緊張するとすぐおなかが痛くなる」など体質として見過ごしがちな症状も、自律神経が原因であればしっかりと対処することで改善することができます。
 

  • 気分が落ち込みやすい、鬱な時がある
気分が沈む

毎日の仕事が億劫であったり、物事に対してなんでもネガティブに考えてしまうなど誰にでも一度は経験のあるような気持ちの落ち込みも自律神経が影響している可能性が非常に高いです。
 
自律神経の調子を整えることで毎日はつらつとした気持ちで過ごすことができます。
 

  • 疲れやすい、立ち眩みがするなどの予期せぬ弊害がある
疲れやすい 立ちくらみ

仕事から帰るとどっと疲れが出て何もする気が起きなかったり、通勤の電車で立ち眩みがして途中下車してしまうなど原因が特定できない症状で悩んでいる方も沢山いらっしゃいます。自律神経が乱れることで生活に与える影響はとても大きいのです。
 

  • めまいや耳鳴りが起こるなど日常的な支障がある
めまい 耳鳴り

仕事中座っているだけなのに気分が悪くなりめまいがしてくることや、家でぼーっとしていると耳鳴りが起こることがあるのも自律神経が影響している可能性があります。
 
不快な気持ちになると気分が落ち込むと様々な病気の併発の原因となってしまいます。
一刻も早い改善が望ましいです。
 

  • 冷え性がひどいまたは、生理痛が極端にひどい
冷え性 女性

女性に特に多い冷え性ですが自律神経のバランスを整えることで改善することができます。
 
特に夏の時期はエアコンや冷たい食べ物が多くなりますから、冷え性の方々にとっては要注意な時期になります。
 
いかがでしょうか、皆さんどれか1つは思い当たる症状があったかと思います。
 
これまでに挙げた症状の多くは体質として見逃されてしまうことが非常に多いため、しっかりとした対策をすることが重要となります。
 
まずは自律神経のことをしっかりと理解して自分の体と向き合います。
 
そうすることで普段の行動や生活の中で自律神経を乱す原因がなにかわかってきます。
 
自律神経失調症は症状として自覚している方が非常に少ないので、最近体の調子が安定していないと感じている方は、適切な診断と治療をおすすめします。
 

自律神経とはそもそも何か?

自律神経とは

自律神経と言葉で聞くことはあっても、それがいったい何なのか理解していない方が多くいらっしゃいます。自律神経とはなにか1つずつ説明致します。
 

  • ①自律神経とは交感神経と副交感神経からなる
自律神経 交感神経 副交感神経

どちらの神経も自分の意思で調整することはできないのですが、血の流れやリンパなど生きていくために必要な働きをつかさどっている神経です。
 
それぞれは生命の維持に必ず必要なものであり、また人間の活動にとって非常に重要な役割を担っています。
 
筋肉や臓器などとは異なり自分で動かしたり、感触を確かめたりすることができないものですのでそれぞれの不調に自ら気づくことは非常に難しくなります。
 
それでも自律神経の不調は必ず体調にあらわれてきますので、小さなサインをできるだけ早くみつけてあげることが重要となります。
 

  • ②交感神経とはどんな働きをするか?
交感神経

交感神経とは内臓の総司令官のようなものです。
 
血管を収縮させたりして活動の根源となるアドレナリンの排出などを促します。
 
活動的な神経であることから「昼の神経」や「闘争と逃走の神経」などと呼ばれています。
 
部活やトレーニングなどで使用する筋肉の動きや修復はもちろん、会議やプレゼンなど脳の動きにも影響してきます。
 
仕事中にぼーっとしてしまったり、発言の場でうまく頭の中を整理できず上手に話せなかったりするのも交感神経の働きが弱ってしまっている可能性があります。
 
交感神経の働きを活発にすることで今までは実現しえなかった理想のパフォーマンスを可能にします。
 

  • ③副交感神経とはどんな働きをするか?
副交感神経

交感神経が活動的な神経なのに対し、副交感神経は休息をつかさどる神経といえます。
 
主に夜間など入浴や睡眠のタイミングで働く神経です。
 
ストレスなどで副交感神経の働きが弱まると十分に休息ができなくなり、いくら寝ても眠いなど体の不調につながる神経となっています。
 
翌朝の予定が早いにも関わらず夜更かしをしてしまったり、朝の寝起きがすっきりしないときなど副交感神経の働きが鈍っていることに起因していることがあります。
 

  • ④交感神経と副交感神経のバランスが悪いとどうなる?
自律神経 バランス

交感神経と副交感神経は日々の生活の中で互いにバトンを渡しながら、人間の活動と休息のバランスをとっています。
 
このバランスが崩れてしまうことで本来活動すべき時間に休息してしまったり、本来休息する時間に活動してしまうなど日常生活に大きなマイナスの影響を与えてしまうことになります。
 
ですが自分で交感神経と副交感神経のどちらをどのくらい調整すればよいか判断するのは非常に困難です。
 
自律神経の専門家にアドバイスをもらい日々の生活の中で改善する点を見つけていくことが重要となります。
 
最近はスマートフォンやパソコンの普及により、以前にもまして対外的なストレスを感じやすい環境になっています。
 
また仕事の都合や交友関係の維持などで本来人間がすべき日が昇るころに起き、沈むころに寝る生活をしている人は非常にすくなくなっているため、現代人はほとんどこの交感神経と副交感神経のバランスを崩している状態で生きていることになります。
 
このような時代に自らの力だけで自律神経のバランスを保とうとするのは非常に困難です。
 
かといって先に述べたような規則正しい生活を常に送ることもまた非常に難しいことですから、現代の人間の生活にあった無理のないバランスの調整方法を知ることが重要となります。
 

  • ⑤リラックスできない環境が続くと自律神経失調状態になりやすい
ストレス 自律神経失調

リラックスできない環境とはストレスが常にかかっている状態のことをいいます。
 
はじめはほんの少しのストレスでも一度バランスを崩してしまうとドミノ倒しのように体調は崩れていき、気づいたころには自律神経失調症になってしまっていたということも珍しくありません。
 
もちろん初期の小さなストレスからバランスの崩れに気づき、メンタルを調整できるようであれば最もよいのですが、完全に自分でストレスの状態を把握することは非常に難しく、不可能に近いです。
 
現実的にはどうしても体調に不具合がでてからバランスの乱れに気づくことになってしまうため、不具合というサインにどれだけ早くきづくことができるかが肝となります。
 
以上自律神経について説明させていただきました。
 
つまるところ自律神経とは「人間が生きるためにもっとも重要な機能のうちの1つであるが、その状態を完全に把握することは難しい」ということです。
 
健康な食事に規則正しい生活、適度な運動に定期的なストレスの発散と思い描くことは簡単ですが実現することは現代社会において非常に難しいです。
 
ですが、現代には現代の対処方法が必ずあります。近年医療技術が急激に発展したように自律神経のバランスの改善方法も必ず発展しています。
 
今の自分の生活スタイルを変えずに適切な処置を施すことで自律神経のバランスの改善を目指し、快適な日々の生活を送れるようまずは自分の体のことについて知ることが重要となります。
 

自律神経失調症の原因とは? 

自律神経失調症 原因

自律神経失調症の原因とは具体的にどのようなものがあるのかひも解いていきます。
 
日頃の生活習慣のなかに潜む落とし穴にしっかり気づいている方はほんの一握りです。
 
あなたも気づかぬうちに自律神経失調症の負のスパイラルにはまっている可能性があります。
 
最近体に不調を感じている方はなにかしら当てはまる項目があるはずです。
 
自分の生活と比較しながら読んでみてください。
 

  • 仕事や人間関係などのさまざまなストレスを抱えている
ストレス 女性

自律神経失調症の最たる原因として挙げれられるのがストレスです。
 
日本人は他の国と比べて真面目な人間が多いといわれています。
 
また言いたいことも言えず、我慢我慢で一生懸命働いているかたも非常に多いです。
 
こういったある種の国柄のようなものも日本人のストレスを多く抱えてしまう原因の一つといえます。
 
このストレスを自律神経は非常に繊細に受け止めてしまいます。
 
仕事はストレスフリーでやっていることや適度にストレスを発散しているなど自信を持って言える方は問題ないかもしれませんが、そのような方はほんの一握りの人間です。
 
対手の人間は満員電車や車の運転、上司への不満や後輩とのトラブル、給料への不満や同期に対する嫉妬など何かしらのストレスを抱えて生きています。
 
こういった日常にあふれたストレスが、自律神経失調症の原因となっているのです。
 

  • 運動不足や睡眠不足などの悪い生活習慣が多い
寝不足 運動不足

子供のころや学生の頃は毎日へとへとになるまで公園で遊んだり、朝早くから夜遅くまで部活動に励んでいた方も社会人になって同じくらい運動をしている方は非常に少ないです。
 
ここで思い出していただきたいのは、あんなに動いていた子供や学生の時代と1日で立っているのは通勤時間ほどの運動量になった今とでどの程度体調に変化があるかです。
 
ほぼ全員が子供のころや学生時代のほうがはるかに体調がすぐれていたと感じるはずです。
 
もちろん年齢も関わっていますが、それよりも重要なのは運動量であるということです。
 
毎日の運動は自律神経にとって非常に良い効果をもたらし、逆に運動不足は自律神経を弱らせる原因となります。
 
また運動不足は運動による物理的な疲労を感じないためにどうしても夜更かしぎみな生活習慣となるため、必然的に睡眠不足という副交感神経を弱める最大の原因となってしまいます。
 

  • 呼吸が浅いと交感神経が優位になりやすい
呼吸 交感神経

自律神経は自分で調整することが非常に難しいのですが、唯一自らの意思で調整できるのが呼吸による調整です。
 
呼吸が浅い場合は交感神経が優位に働き、逆に深い呼吸であれば副交感神経が優位に働きます。
 
そのため日常的に呼吸が浅い人は夜間の交感神経が弱まるべき時間帯にもかかわらず交感神経が優位になってしまい、結果として自律神経のバランスが崩れてしまいます。
 
なにげない普段の呼吸も意識することで自律神経を調整することに大きく役立つのです。
 

  • 姿勢の悪さも自律神経に悪影響
姿勢の悪さ 自律神経

姿勢の悪い人は肩が凝りやすく全身の筋肉が固まってる傾向があります。
 
筋肉が固まってしまうとどうしても深い呼吸ができないため、副交感神経を十分に働かせることができずにいくら寝ても疲れが取れない体になってしまいます。
 
この状態が慢性化すると日中の行動にも影響が表れ、交感神経と副交感神経のバランスが一気に崩れてしまいます。
 

  • 猫背だと呼吸がつらくなる
猫背 呼吸

猫背の人は姿勢が悪いことに加え、物理的に肺の可動域が狭くなることからより呼吸のコントロールが困難になります。
 
特にデスクワークの人は猫背になりやすいですから常に姿勢に気を付けて仕事をする必要があります。
 
またスマートフォンの普及により首をしたに向ける機会が近年大幅に増加していることから、気づかぬうちに猫背になってしまう人がとても多くいます。
 
電車の中を見渡すとほぼ全員がスマートフォンを片手にこうべをたらしています。
 
ぜひ明日電車でも街中でも、仕事の休憩中でもかまいません、一度周りの人たちを見渡してみてください。猫背で生活している人の多さに驚くことでしょう。
 
意識して改善できれば良いのですが、一度猫背が癖づいてしまうと自分の意思のみで改善することは非常に難しくなってきます。
 
友達や同僚、家族などから姿勢について指摘されたことのあるかたは要注意です。
 
姿勢は無意識のうちに形成されていきますから、猫背ぎみだという方は早めに対処することが自律神経失調症の予防につながります。
 
以上が自律神経失調症の主な原因となります。
 
この症状の恐ろしいところは普段の何気ない生活のなかにひっそりと影をひそめて自分自身は全く気付かないうちに症状が進行していることです。
 
上記の項目に当てはまるものがあった方はできるだけはやく改善の道筋を見つけ出し、改善の一途を見つけ出すことが重要となります。
 
「仕事だから仕方ない」「時間がないからどうしようもない」とあきらめず最善の対策を見つけ出すことが大切です。
 

ゆうが整骨院が推奨する自律神経治療

ゆうが整骨院 自律神経治療

他院では一度施術をするとできるだけ多くの来院を促すのがデフォルトとなっています。
 
しかし本当に重要なのはどのような目的かをしっかり判断し、より効果的なこだわりのある施術をすることで1度の施術でどれだけ高い治療効果を達成できるかです。
 
ゆうが整骨院では以下の治療方法で自律神経失調所の改善をしています。
 

  • ①自律神経を整える治療プログラムをご提案
自律神経 治療プログラム

個人の体によって症状は異なるため、それぞれに合わせた適切なプログラムを提案していきます。
 
このことによりひとりひとり異なる生活スタイルにぴったりマッチする施術が可能となり、もっとも効率的な治療にすることができます。
 
また、来院の回数ではなく治療を目的としているため費用対効果も抜群に良い施術となっています。
 
自律神経失調症の原因はひとによってさまざまですから、オーダーメイドの施術を行うことが非常に重要になってきます。
 
ひとりひとりの症状を丁寧にヒアリングさせていただき、一緒に治療のプログラムを確定していきます。
 
今どのような状況なのか、治療ができたらどのようなことがしたいかなどこの治療をきっかけに人生のビジョンを広げられるような治療を致します。
 

  • ②カラダのゆがみを整え、神経の流れの改善を目指す
身体の歪み 改善

からだのゆがみを整えることで深い呼吸を可能とさせ副交感神経の活発化を目指します。
 
自律神経にとってカラダのゆがみは天敵であり、自律神経失調症の治療には避けては通れない治療です。
 
正常なカラダのつくりを自分で一から理解することは非常に時間がかかり、また難しいことですからプロとともに、自分のカラダのどこがどのようにゆがんでいるのか知っていくことが重要です。
 
肩のこりや筋肉の硬化を和らげる効果はもちろんですが、取れない疲れや毎日の睡眠の質の向上にもつながります。
 
また来院した翌朝の目覚めの良さで副交感神経の働きの重要さに気づくことができます。
 
また、整骨院での施術以外にも日々の生活でできるストレッチなども重要となってきます。
 
質の高いプロによる施術に加え、自宅でのストレッチを併せて行うことで非常に効率的な施術となります。
 
またストレッチ方法の知識は自律神経失調症の治療後も継続的に行うことで、自律神経失調症の予防となりゆがみのないカラダづくりをすることができます。
 
自宅で簡単にできるストレッチは忙しい現代人にとって非常に有効です。
 
仕事の休憩中やエレベーターの中、家でテレビを見ているときや入浴中などさまざまな空き時間で自律神経失調症の改善をすることが可能となります。
 
自律神経失調症は継続的に予防することが重要ですから、特にカラダの不調がない場合でも簡単に自分でできるストレッチを継続的に行い健康な生活を維持していくことができます。
 

  • ③経絡(ツボ)を刺激し、気の流れを整える
交感神経 プラス

ツボを刺激することで、臓器の神経が活発になり交感神経の働きにプラスとなる影響を与えます。
 
活発になった交感神経は食欲を活性化させ消化を促し不調な胃腸の調子を改善することに役立ちます。
 
また筋肉や脳の活動を活発にすることから仕事のパフォーマンスを向上させることができます。
 
仕事にかぎらず家事の効率化やスポーツ、趣味などでもできなかったことができるようになります。
 
交感神経を刺激し活動する時間帯の体の調子整えるためツボの刺激は非常に有効な施術です。
 

  • ④ストレスがたまりやすいのはカラダがゆがんで疲れやすいから
身体の歪み 疲れやすさ

カラダがゆがんでいる状態では副交感神経の働きが弱まり、十分な休息ができず常に疲れている状態での活動を強いられてしまいます。
 
このような状態の場合自身の活動が制限されてしまうため非常にストレスがたまりやすい状態となります。
 
また活動的ではなくなることからストレスを発散する行動に対する意欲も減退してしまいストレスをどんどんため込んでいってしまうというストレスのループに陥ってしまいます。
 
この負のスパイラルの根源ともいえるカラダのゆがみを改善することでストレスを「感じない」「溜めない」カラダをつくることができます。
 
整骨院に通ったことがないかたはもちろんですが、以前他院にかよっていた方で効果を感じることができなかった方でも、施術のプログラムをしっかりと組みカラダの状態についてしっかりと理解した上での施術になるため、安心して施術を受けることができます。
 

  • ⑤自律神経症状でお悩みなら練馬ゆうが整骨院へ
自律神経症状 ゆうが整骨院

ひとえに自律神経失調症といってもその原因はさまざまです。
 
ですが元をたどればひとつのカラダです。カラダのなかで物理的に調整できる部分を練馬ゆうが整骨院では徹底的に調整し、生活習慣を改善しています。
 
体調に違和感があるようならまず自律神経失調症を疑っても間違いではないはずです。
 
健康は人生を有意義に過ごすために最もプライオリティの高い事項です。カラダの不調は自律神経のSOSの可能性がありますから、見過ごすことは絶対にせず限られた時間の中で質のよい施術を受けることをお勧めいたします。
 

ゆうが整骨院ではさまざまな治療に対応可能

ゆうが整骨院 治療

ゆうが整骨院では自律神経失調症以外にもさまざまな治療を行っています。
 
痛みとともに生活するのは非常に苦しいですから、痛みを取り除くための方法を熟知した整骨院でなるべくはやく痛み開放することが望ましいです。
 
以下にあげるのはほんの一例ですが、参考にしていただければ幸いです。
 

  • スポーツによる怪我やアスリートのコンディショニング
スポーツ 怪我 コンディショニング

日々の健康のためのスポーツや趣味でのスポーツ、またプロのスポーツプレイヤーの方で怪我をしてなかなか怪我が改善しない場合など、ゆうが整骨院ではスポーツによる怪我の治療を行っていました。
 
またカラダのつくりを熟知したプロはスポーツについてアドバイスすることもできます。
 

  • 整骨院では怪我の場合は保険も適用可能です
怪我 保険適用

怪我の治療の場合は保険が適用可能です。
 
治療の際の負担を減らすことで、早く痛みのないもとの生活に戻ることができます。
 

  • 肩こりや腰痛などの慢性的なカラダの痛み
腰痛 痛み

年齢のせいにしがちな肩こり腰痛などですが、実はカラダのゆがみが大きく関係していることが多いです。
 
最近では飲み薬や塗り薬などで一時的に痛みを緩和させる方法が流通していますが、あくまでもそれは一時的なものです。
 
きちんと改善するには原因をしっかりとあぶり出し、適切な治療を行うことが最も大切です。
 
また市販のマッサージ機なども同様に一時的な効能であることが多いため、汎用的に作られた機械ではなく、専門的な知識を有するプロに施術をしてもらうことで改善をすることができます。
 
肩こりなどは慢性的な痛みであることから、痛みになれてしまい重症化するまで放っておいてしまうこともあります。
 
自分では我慢できる程度の痛みでも、我慢していることには変わりはありません。
 
痛みから解放されたときにどれほどの痛みを抱えながら生活をしていたか思い知ることになるでしょう。
 
毎日徐々に徐々に痛みを増していく肩こり、腰痛はできるだけ早くに対処をし、なんと完治させることができます。
 
ゆがんだカラダを正常に戻すことで痛みから解放されストレスフリーな生活を送りましょう。
 

  • 骨格のゆがみからくる不調、つかれやすさ
骨格のゆがみ 不調 疲れやすさ

寝ても寝た気がしない、疲れがとれないなどの不調は骨格がゆがんでいることが原因の1つです。
 
座っているときの姿勢や立っているときの姿勢を確認してもらうことで、日々の生活における意識付けになります。
 
また、自宅でできるストレッチの方法なども教えてもらうことができるため、長年の癖がついてしまった骨格のゆがみも自分で調整できるようになるのです。
 
骨格のゆがみは放っておいて治ることはないため、専門家による適切な治療が必要となります。カラダに不調がある場合は我慢をせず治療することをお勧めします。
 
またゆうが整骨院は夜の8時まで営業しているため、仕事帰りなどに立ち寄って自身のゆがみがどの程度なのか確認しもらうのも体調を管理する良い方法です。
 

  • 膝や股関節、足首などの関節の痛み
膝 足首 関節の痛み

関節の痛みはひどくなると手術などが必要となる場合があります。
 
そうなる前に整骨院で適切な治療を受け、痛みを根本からとりのぞくことをお勧めします。
 
毎日包丁を握る主婦の方や、デスクワークでキーボードを常にたたいている方は腱鞘炎のリスクが非常に高いです。
 
いままで使えてたものが使えなくなるというストレスは想像を絶するものです。そこまで悪化する前に施術による治療などの対策が必要です。
 
また、練馬ゆうが整骨院ではキッズスペースも設けているため小さな子供を連れても安心して施術をうけることができるのです。
 
マッサージなどで的外れな治療をされたことがあったり、治療の効果をいまいち感じたことのない方はゆうが整骨院での治療を検討するべきです。